« 2009年11月 | トップページ | 2010年6月 »

2009年12月

頂いた”ゆず”で”ジャム”を作ってみました!

ご近所の方より、ゆずを頂きました。

たくさんあるので、家内に”ジャム”にしてもらいました。

これを知人にお配りして、たいへん喜ばれましたよ!

私が作ったのでありませんが・・・。なかなか美味で、トーストの上に

のせて食べると美味しいです。11

そのほかには、お風呂に入れてホカホカ・・・かおりがいいですね!

それでも、まだたくさんありましたので、”竹炭保存袋”に入れて

毎晩の焼酎に入れて、楽しんでいます。

(かごしま弁では、毎晩、焼酎を飲んで疲れを癒す事を・・”だいやめ”といいます。)

Yuzusumibukuro1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島の30数年来の友人より、”みかん”を送って頂きました!

12月4日

ひろしま在住時代の”友人”と久しぶりに携帯で話しました。

元気そうで何よりです。

「どこに住んでもたいへんな時代だね・・・」と

家族の様子などを聞き、電話をきりました。

せっかく、送ってもらった”美味しそうなみかん”を

11_4

何とか、正月に食べてみたいと、

我が商品である”竹炭シート”を活用して、

写真の通り、みかんの下に敷き、

3週間後に開いて食べて

みたいと思います。

楽しみですね( ̄ー+ ̄)

http://www.sumi-ya.com

                           21_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日 ネット販売の”安納市場”さんを訪問しました!

秋から春にかけて出荷の最盛期!忙しいところ訪問させて頂きました。happy01

今回の訪問は、『竹炭シート』を宅配用のダンボールに中に、敷いて、配送されているの事です。この”竹炭シート”の効果で”安納いも”の鮮度を保持してお客様のところに無事届けることができるそうです。

1_5 

暖かい種子島で育った安納芋は、寒さに弱いそうです。

”安納市場さん”談

さつま芋の貯蔵は、5度から15度ぐらいが適温ですが、安納芋は10度から20度がベストですね。
10度を下回る状態が続くと傷む進行度合いが早まります。

2_3 9月~10月頃の新芋期に安納芋をご購入の方で、熟成させてねっとり甘い安納芋を!という方は次の貯蔵方法を目安に熟成させてみて下さい。


当店にて好評販売中の焼き芋は2カ月以上貯蔵して完熟の状態で当店独自の方法で焼いています。

そう簡単に真似できるもんじゃありません(笑)∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

貯蔵方法は・・・

最高気温が20度を上回るような時期は風通しのよい、日の当たらない所で保存して下さい。
最低気温が10度を下回るほど寒くなったら安納芋を一つ一つ新聞紙に包んでダンボールに入れ、屋内の温度変化の少ないところで保存して下さい。
以上の方法で、一ヶ月程度の保存が可能です。1_7

ちなみにそれ以上の貯蔵となると温度、湿度共にかなり神経質なコントロールが必要になります。


最近は、蜜芋、甘蜜安納等の名でかなりの高価で売り出されているようですが・・・
これは要するに完熟した安納芋ですね。

ぶっちゃけ、当店の完熟安納芋も冷凍焼き芋もそれらに負けない自身があります!

との事でした。

まぁ、『竹炭シート』を上手に活用されているご様子!

有難うございました。(v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年6月 »